【スペインGW旅⑤】グラナダはアンダルシアがぎっしり濃厚!アルハンブラ宮殿に洞窟フラメンコに迫力のお婆婆ダンサー

スペイン旅記事:一覧はこちら>

アンダルシアのハイライト、グラナダ

グラナダはアンダルシア地方のイスラム重要都市で、有名なアルハンブラ宮殿があるところです。

到着した夕方は18時前ぐらいに音声ガイドを借りに行って、夜は洞窟フラメンコ鑑賞。バスがホテル前にお迎えにくる予定です。

今日は「洞窟フラメンコ」だから夜ごはんはテイクアウトでサク飯がいいね。

調べておいてくれた「カーチョエペペ」という名前のパスタ屋さんへ。
生パスタにこだわりがあるそう。

むふー。パスタ!ボロネーゼぽいのとクリーム系。
どちらもチーズたっぷりがグッとくるーーーーーーーー♡

旅行中、ずっと外食だけじゃなくて、たまにテイクアウトして、ホテルで食べるのもけっこう楽しくて好きです♡
参考 Cacho & Pepe(グラナダ・パスタ屋さん)トリップアドバイザー

アルハンブラ宮殿の夜景と、洞窟フラメンコ。

夜景&洞窟フラメンコツアーは、ホテル前で送迎の待合せ。
手配してくれた「グラナダ日本語情報センター」の”ヒロシさん”が待っていてくれて、もう1組の夫婦も一緒に。バスが来るのを待っていたのですが……(GWなのでもう5月なのに)スペインの夜めちゃ寒い!!!!!!

さ、、、寒い・・・・・・

なかなか来ないバス。待ってるあいだヒロシさんが話をつないでくれてたのですが、自身もフラメンコダンサーでスペインに移住してきたらしく、ダンサー目線で、カンテ(歌)やパルマ(手拍子)とかが本場のひとはやはり感覚が全然違うのだとか。頑張って練習してもあのリズムがどうしてもフラメンコにかこまれて生まれ育った人には叶わなくて悔しいとか。あとは、グラナダの生活の話(景気とか暮らしやすさとか)。そんな話をしてくれてたのですが、やっぱり現地に暮らしてる人ならではの話って面白いです。

そうこうしてるうちにバスが到着して夜景ツアーへ。

ちょっと離れた小高い丘からライトアップされたアルハンブラ宮殿。
夜景すごくきれいでした!

その後、洞窟フラメンコの会場へ。

アルハンブラ宮殿の夜景と、洞窟フラメンコ。

洞窟フラメンコ会場は、
かなりポップな感じ。

ちょっとしたライブ会場ぽいノリの雰囲気。

というかなんか親戚の集まりぽい距離感で見られるフラメンコ。

いちばん奥の席に通されて撮った写真がこんな感じなので、わりとキャパは狭め。
飲み物をワンドリンクオーダーするシステムです。

なんとなくの雰囲気でグラスワインを頼む私に対してビールをオーダーする夫

こういう所のワインは品質管理がどうなってるか分からないからビールがいちばん確実だよ。

ぐぬぬぬ・・・・た、確かに!
なるほど・・・賢いな・・・。

夫のこういうチョイスのコツって本当に賢くて勉強になります。(ちなみに私は大体チョイスをミスるタイプw)

そして甥っ子のダンススタート!(違)
カジュアルな雰囲気だけど、ステップの迫力とパッションが凄い!

コルドバは男性フラメンコに圧倒されたけど、こちらは圧倒的に女性(おばちゃん)のパッションと迫力が凄い!アカペラから始まるカンテ、とにかくもう場を支配する年季の入ったすんごい迫力です。
………なんとなく熱海の空気を感じるなぜだろうか。

・・・・・・・ん!???

すんごいおばあちゃんが待機してる……。しかも衣装着てる……花をつけてる……ま、まさか……!!

踊り始めたーーーーーーーーーー!!

さすがにあのフラメンコ特有の高速タップはなかったけど、

この迫力ーーーーー!!!

カスタネットを両手に装着するときの間と迫力!なんというかオーラと気迫がすごくて圧倒されました。

こんな年のとり方、かっこいいな。

参考 洞窟&老舗フラメンコチケット予約日本語情報センター

チュロス&ホットチョコレートのスペイン朝食スタイル。

スペイン朝食といえば、カフェでチュロス&チョコレートというのが定番だそう。というか「チュロス」自体がスペイン発祥なんですね。

甘くなくてカラッとしてる。ディズニーランドとかのチュロスみたいに甘くなくてサクサクして、ビターなチョコをつけて大人な美味しさ!

そしてメインのアルハンブラ宮殿!

コロンブスの航海を支援したイザベル1世も、グラナダ奪還後も保護して遺言でここに埋葬してほしいと残すほど、アルハンブラ宮殿がかなりお気に入りだったよう。

ちなみにアルハンブラ宮殿は、
セビージャのアルカサルをグレードアップした感じだよ。

「不思議の国のアリス」みたいな道!
(トランプの 兵隊たちがひょっこり出てきそう!

「これがアラブ王の宮殿かーー!!!」と夢中で写真撮ってたのですが……こちらはあとから造られてたカルロス5世宮殿でした。

カルロス5世夫婦は仲睦まじかったものの、妻イサベル妃は城の大理石による冬の寒さが耐えきれず、冬になったら勝手にひとりで丘を降りてしまったそう。カルロスは宮殿のどの部屋もあたたかいように造って権威を誇示したんだとか。

という解説などはグラナダ日本語情報センターで借りたオーディオガイド
ちょいちょい「お金がなくてハリボテで造られました」みたいなのとか「質の悪さは否めません」とか。まあまあ毒舌なエッセンスがオモシロイのでおすすめです。例えばアルハンブラ宮殿はアラブ語で「赤い城」という意味らしいのですが、

  • 鉄分が多く含んでるから赤くみえるという普通の説から、
  • 建造したあるハムールが赤毛で「赤の王」と呼ばれてた説、
  • 建造を急いで徹夜で工事していてたいまつの光で城が赤く見えたというウワサ話。

といった感じでエピソードがユニーク!!😂
もっといっぱいメモっとけばよかったー!!!
アルハンブラ宮殿のチケットも、かなり激戦で取りにくいのですが同じく日本語情報センターでGETできました!かなり良き!

参考 グラナダ在住日本人による観光案内所日本語情報センター

そしてメインのナザル宮

たしかに……。
セビージャのアルカサルより
細部が断然上質な感じがする……!!

美しい……!

観るのに3時間かかるというアルハンブラ全体は回れなかったけど、
メインのナザル宮を中心に。いやーもーーホントどこを見ても美しいに尽きる!!

そして、なんだかの間。確かイザベラ女王がこの間でコロンブスに謁見したとオーディオガイドで言ってたような気がしてたんだけど、ググってもどこにも書いてなくて私の勘違いだったかもしれないです……。イザベラ女王と聞いてテンション上がってたくさん写真を撮ったはずだったのですが……謎。

ま、それはさておき。

旧約聖書の時点では、偶像崇拝は禁止。それを厳しく守るイスラム文化では、幾何文様・動植物文様・文字装飾のアラベスク文様がすごーーーーーく発展したのだとか。

細部まで本当美しいーーーーー!

黄金や宝石とかのキラキラに頼るではなくて、職人手仕事による”デザイン仕事”によってここまで美しいものができるとは。細部の細部まで、見入れば見入るほどワクワクする!

アラブの王たちはペルシャ絨毯に寝そべって横になってることが多かったので天井の装飾彫刻に凝ってたそう。これがまたそれはそれは見事

この「アベンセラスの間」は、王の寵妃に手を出した冤罪疑惑で一族が処刑されて血で染まったという恐ろしいエピソードが(処刑された人の名前がアベンセラスだとか)。歴史はなかなかエグい……。

「入りにくい居酒屋」で紹介されてた”ホルヘのお店”へ

グラナダでもうひとつ楽しみだった目玉がココ!

陽気で気のいいホルヘの店。地元に愛される店で、
「新鮮な食材がなかったらお店を閉めちゃう」とのことだったのでドキドキ〜。

お昼前に行って待ってると……無事にお店、開店したー!ヨカッター!

いたーーー!
ホルヘ、ホンモノーーーーーー!
(TVでみた人や!)

帰り際にスマホでNHKの番組ページを見せて、これ見て日本から来たよーって(身振り手振りで)伝えたらスペシャルスマイルでハニかんでくれました♡

グラナダスタイル(お酒を頼むとタパス一品ついてくる)

グラナダでは、飲み物を頼むと自動的にタパスがついてくるシステムなんだそうです。名古屋でいうモーニングみたい!(そしてタパスはそのタイミングのお任せ)

これがまためちゃくちゃ美味しかったーーーーーーーーー!!
イカスミ?っぽいリゾットと、塩鱈のフリット、ポテトサラダと次から次にお酒LOVERメニューが自動で来る〜(住みたい)

途中からビールをワインに変えて、揚げイワシとクスクスみたいなやつに、揚げシラス!個別にも注文できるけど、おすすめで美味しいものを持ってきてもらうタパスだけで最強に満足です♪ \(^o^)/

こんなに食べて飲んで、€22.40!(≒2880円ぐらい)
せんべろ最高〜〜〜〜!

参考 Bar Provincias(ホルヘのお店 by 世界入りにくい居酒屋)トリップアドバイザー

スペインで、昼バルときて次に来るものといえば……

そう、シエスタ(お昼寝)ですね〜〜〜〜。※お酒を飲むとオネムになるアラフォーさん。
チェックアウトしてるけど荷物を預けているホテルに戻り、おされロビーでウトウト。


とはいえ海外なのでスリには要注意!(夫と交互でウトウトしてました)

イザベル1世の眠るグラナダ大聖堂

体力が少し回復して、夜のフライト便まで空いてる時間、グラナダパスで入れる大聖堂に行ってみることに。

アルハンブラ宮殿に埋葬してほしいと遺言を残したイザベル1世。
最初はそちらに埋葬されてたのですが、結局のところ、夫のフェルナンド2世とともにカトリック両王のお墓は、今はこのグラナダ大聖堂に眠っているそうです。

夜便の飛行機で、アンダルシアからバスク地方へ!

今回の旅プランでは、グラナダ→ビルバオの国内線があることを発見したのが大収穫!2〜3日に1便しか飛んでないのですが、うまく旅程が組めて効率的な旅に。

いよいよ今回の大本命、
美食バスク旅!
【NEXT】
【スペインGW旅⑥】念願の美食バスク地方!ビルバオで、めくるめく魅惑の昼バルの予定!のはずが、、、まさかのメーデー、なめてました(忘れてました)件。※悔しさまぎれにおすすめアイテム 貼っておきますね😭

スペイン旅記事:一覧はこちら>

FavoriteLoadingお気に入り保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください